― 持続可能な社会を目指す「化学+生命」融合分野の開拓 ― 茨城大学工学部 生体分子機能工学科
トップ専攻・学科案内 > 学科概要

学科概要

概要

概要

 生体分子機能工学科は、基礎化学、応用化学、生命科学、電子情報学の知識を工学に応用して、環境負荷が小さい循環型社会の技術的基盤を担う人材を教育することを目的に、平成17年にスタートし、平成20年度に初めての卒業生を送り出しました。  
 「生体分子機能工学」とは耳慣れない言葉ですが、長い時間をかけて進化してきた効率の良い生体システムを、無駄の少ない物質循環システムに応用するための工学技術を目指しています。そのために、物理学、化学、生物学の基礎知識から、バラエティー豊かな専門科目までをスムーズに学習できるように、実験と演習を積極的に取り入れたカリキュラムを用意しています。また、卒業研究では具体的なテーマについて、より深く学べるよう工夫しています。  
 さらに、学生の将来の希望や目標が達成できるよう、進学や就職の支援にも積極的に取り組み、充実した学生生活を送れる明るく活発な雰囲気づくりにも心がけています。

パンフレット

パンフレット

学科概要、カリキュラム、卒業後の進路、研究内容等についてご紹介したパンフレットを公開説明会、出前授業、こうがく祭等で配布しています。

平成28年10月にパンフレットを改訂しました。

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要となります。
ご覧になられない方は、お手数ですが次のリンク先よりAdobe Reader(無料)をダウンロードしてください。

学科紹介ビデオ

平成28年10月に作製しました。

茨城大学工学部 生体分子機能工学科

専攻・学科案内
学科概要
カリキュラム
JABEE
教職員紹介
入学案内
入試情報
公開説明会
キャンパスライフ
キャンパスマップ
カリキュラムマップ
研究テーマ
就職・進路
卒業後の進路
取得できる資格
研究活動・社会貢献
化学教室など
研究活動